ラバーカップ以外の解消方法

トイレのつまりを解消させるにはラバーカップが最も適していますが、ラバーカップで解決できない場合は排水口の奥がつまっている可能性があります。排水口の奥がつまっているとラバーカップではつまりが取れないことも多く、トイレのつまりが解決しなければそのトイレをいつまで経っても使うことができません。だからこそラバーカップで解決しないときは排水口の奥がつまっている可能性を疑ってみましょう。

排水口の奥がつまっている原因を解決するときに使われるのがハンガーです。ハンガーでつまりを突いて解決することがあります。ハンガーを伸ばした状態で届くところにつまっているなら押してあげることで解決することがありますので、排水口の奥のほうのトラブルで手っ取り早く解決するにはハンガーが効果的です。柔らかい針金だと曲がってしまう可能性があるので、そうならないためにも硬いハンガーがおすすめです。

つまっているものを溶かして流すという考え方もあります。つまっているものが固形物でなければ溶かす液体で流す方法もあります。手やブラシなどでは届かないトイレの排水口にかけておくだけで、トイレのつまりの原因になるトイレットペーパーなどを薬剤の力で強力に溶かしてくれる優れものです。

これらの対応をしても改善されない場合は、業者へ相談しましょう。深刻な問題があるのかもしれません。そのような場合は自力での解決がむずかしいので、プロに相談することで確実にトイレのつまりを解消することができるでしょう。